名機列伝(2)

 ご好評にお応えいたしまして(ウソ)

 このシリーズ大人気(ほとんどブログ読まれてない)

ですので、第2弾!!

 

第2機種目のご紹介はコイツ!!

f:id:CUBA4th:20191014143527j:plain

【神輿】

2002年に業界髄一の正体不明メーカー

テクノコーシンから発売されたこの台。

当時はAT全盛期の時代で、獣王やサラ金、アラジンAの時代にありながら話題をかっさらっていったこのお方。

この台の基本性能といえば、A400+AT機でして

主にAT「天神ボーナス」によりメダルを増やすA-400+AT機。 「天神ボーナス」に突入すると10ゲームまたは20ゲーム1セットで筐体上部「EXリール」の演出に従ってメダルを獲得でき、2セット以上の継続が見込める。

「天神ボーナス」の突入契機は複数あるが、白7揃い・純ハズレ・REG後10ゲーム内のリプレイ2連続外しの成功が主なものとなる(リプレイ2連続外しによる天神ボーナスは2セットのみ)。最低2セット、かつ連チャン性もあり、最も継続の期待が大きい白7揃いによるものでは2~100セットの継続、5連チャンまでの可能性があった。

 

という仕様であり、普通に稼働していれば性能的には『そこそこ』の台でしたが、何でそんなに話題となったかというと・・・・

 

ホール側が設定変更の際に25,000枚もしくは50,000枚を仕込める!

 

 という恐ろしい機能を搭載していた為です。

 

本機種の大きな特徴として「ミリオンチャンス」と名付けられたモーニング機能がある。 これはメーカーによって本機に組み込まれた機能であり、ホール側で25000枚または50000枚の設定ができ、設定すると、打ち出してから300~900ゲームの間に発動し、筐体上部のドット部分に本日お祭り中と表示される。

 

まあ、実際にワタクシが現役でスロット生活している時にこの表示を見た事はないですけど・・・。