だからイカじゃなくてニシン。

ジャグリング(juggling)とは?

複数の物を空中に投げたり取ったりを繰り返し、常に1つ以上の物が浮いている状態を維持し続ける技術を指しているそう。それではジャグラー(juggler)とは?この技術者を指すということになるわけで。アイムジャグラーとは即ち、「私は、複数の物を空中に投げたり取ったりを繰り返し、常に1つ以上の物が浮いている状態を維持し続けている人です」という謂わば自己紹介というわけだ。マイジャグラーとは?「私の、複数の物を空中に投げたり取ったりを繰り返し、常に1つ以上の物が浮いている状態を維持し続けている人」という事になり、「私の」という部分から考えて恐らくフィアンセ的な誰かなのではないか。今時フィアンセという表現もどうかと思うが。ではファンキージャグラーとは?日本語の「ファンキー」の意味は、「ど派手な」「独創的な」「型破りな」「イカした」「カッコいい」などですが、実は全く異なる意味合いもあるのだそうで。そもそも「funky」は「funk」を形容詞の形にしたもの。そして 「funk」は元々(今もだけど)「悪臭」という意味。なので「funky」にも「すごく臭い、カビの臭いのする、イヤな臭いのする」という意味があるのだ。以上を踏まえて、再度ファンキージャグラーとは?「すごく臭い複数の物を空中に投げたり取ったりを繰り返し...」となるわけで、すごく臭い複数の物って一体何!?世界三大臭い食べ物であるシュールストレミングでもぶん投げているんだろうか。あの道化師め白いスーツに白いハットでイカした雰囲気を出しているかと思えばとんでもなくイカれた野郎である可能性を秘めているというわけか。ちなみにシュールストレミングとはイカではなく塩漬けのニシンの缶詰である。

 

こんな事を約1時間かけて考えた私も例に洩れずイカれているというわけか。

 

前回に引き続きイカに関するブログを書いてしまい誠に遺憾ではあるが、これにてお開きとさせて頂きたい。明日もぜってー来てくれよな!