Rubin's vase

明日は新台入替なんです。今夜は野郎どもがヒーヒー言いながら台を運ぶことでしょう。こんばんわ。こたつから高みの見物のわたしです。パチンカー、スロッターの皆さんならお気付きかと思います。「19日?何か新台あったっけ?」そうです。明日すぐにオープンできる台がないんです。「今回だけみたいな言い方しやがって!前回だってそう、なんなら最近ずっとそうじゃないか!」仰る通りです。しかしこれにもいいところはありまして。例えば24日オープンの台を24日に入れるとなると当日の朝に警察の検査を受けるわけです。検査の時間はその時々で警察から連絡を受けるので、開店時間前の時もあればお昼過ぎの事だってあります。後者の場合、新台を目当てに来て下さった方は待ちぼうけを食らうことになります。別の台を打って待っている間に資金が尽きてしまう事だってあるかもしれません。そうなると「何のために朝から来たのか、せめて新台を打って気持ちよく負けたかった!!ちくしょう!!」となるわけです。

ちくしょう!!!!

 

ところで、皆さん最近読んだ本ってなんですか?わたしはたまーーに小説読んだりしますが、こないだ本屋さんで平積みされてて目に留まったものがありまして。『ルビンの壺が割れた』という本です。カテゴリ的にはミステリーでもなくホラーでもなく、世にも奇妙な物語とかでありそうというか。個人的にものすごく面白かったです。ページ数少な目で読みやすい文章なのですぐ読み終わるんじゃないかと。ルビンの壺っていうのは恐らく一度は目にしたことがあるであろうだまし絵みたいなやつです。シンメトリーの壺にも見えるし対面する人の顔にも見えるというあれ。まさしくそれが割れる様を文章で現したという感じです。覆面作家さんですが、引退するする詐欺ハゲジジイが中の人という噂もあるとかないとか。(全然ディスってるわけではないです。好きです。)

 

さぁ皆さんも是非読んでルビンの壺を割りましょう!

 

f:id:CUBA4th:20220118194407j:plain

ルビンの壺が割れた