では明日の成功とは。

どちらかというと浪費家の私はすぐに物を買ってしまいます。服や化粧品は勿論ですが、食料品においてもそうと言えます。ですが独身女の生活では大容量のものや調味料、賞味期限の短いものを短期間で消費しきるのは困難です。そこで賞味期限を確認し、お店の人は嫌がるでしょうが奥に並べてある一番長い日付の物を選んでカゴに入れたりしています。勿論すぐに消費するであろうものは手前から取りますよ。

 

私は常々思う事があるのですが、例えば豆乳。これは牛乳とちがってかなり賞味期限が長かったりします。数か月持つものが多いですね。しかし、「開封後は賞味期限に関わらずお早めにお召し上がりください」みたいな事が書いてあるんです。ふむ。それじゃあ意味がないじゃないか。そもそも飲んだり料理に使おうと思って買ってるんだからすぐに開封するのよ。数か月の賞味期限なんて意味を成さないのよ。

 

とは言ったものの賞味期限、実はあまり気にしない派です。ものにもよりますが数日過ぎてようが見た目やにおいに違和感がなければ全然大丈夫です。食品衛生法とかの関係で絶対に安全、この期間で食べたらおなか痛くならない、けど過ぎてから食べたら知らんからな、みたいな事なんだと思っています。要は腐ってなけりゃいいんです。口にしてから判断すりゃいいんです。虎穴に入らずんば虎子を得ずといいますから。

 

ただ、この場合虎子を得たとすればそれはきっと食中毒です。